blog list

2014-01-10 ( 金 ) ゲーム

【感想】風ノ旅ビト[PS3]

タグ: , , ,

普段は遊びといえば引きこもってネトゲばっかりしています。

しかし、そのネトゲ熱も冷めてきていたので何か別のゲームはないものか・・・

今更新しいネトゲやるのもなぁ・・・


ということで去年PS3を買いました。

特にこれをやりたい!というタイトルがあったわけではありませんが、今なら中古(新品でもベスト・アルティメットヒッツ)で安く手に入りますからね。


既に以前のブログで出ていますが

・FF13

・FF13-2

・ダークソウル

・ニーアレプリカント

・大神

あたりをPS3と同時購入。

あらかたクリアした後、ネットで評判が良さそうな風ノ旅ビトの体験版をダウンロードしました。

風ノ旅ビト

2012年3月発売。制作はthatgamecompany

ダウンロード販売です。PSサイトはここから

詳しいことはWikipediaさんに丸投げ風ノ旅ビト

お値段なんと1,200円。「flOw」か「Flowery」を買った人は風ノ旅ビトを1,000円で買えるみたいですね。

これから購入を検討している人は先にそっちチェックしたほうがいいかもしれません。

ちなみに「ICO」と「ワンダと巨像」を制作したゲームデザイナー上田文人さんも絶賛しているみたいですね。

私はICOもワンダも大好きです。

ICOはあのCMでピンときて買いました。

Youtubeで見つからなかったのでニコニコで。


キャッチフレーズもいいですよね「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから」

さて本題の風ノ旅ビトですが、感想書こうにもあんまり書けないんですよね。

どこのブログでも感想でもよく言われますが、中身を知る前に体験してほしい!

まさにこれ。

プレイ動画あたりを最後まで見ちゃうとか勿体なすぎて泣きついて止めるレベルです。

とりあえずPS3もってて興味ある人は体験版ダウンロードすればいいんですよ。

私も体験版ダウンロードして即購入しました。

PS3もってない人は友達に借りるとか、PS3買えばいいと思うんですね。

今2万円ちょいだし、PS4が出るといってもPS3ソフトもまだ新しく出るし、旧作も豊富にありますからね。

これだけだとあれなのでもう少し。


タイトル通り旅をするゲームです。

ザッザッとサクサクとバサバサと、歩いたり滑ったり飛んだりしながら目的地を目指すゲームです。


チャプター構成で各ステージに特色があります。

各チャプターではギミックを起動させてゴールを目指すわけですが、謎解き要素はほぼ皆無です。

あるにはありますがまったく難しくありませんし、頭を悩ませることもないと思います。

初見でも自然と正解方向に進めるよう視線誘導?見事に自然に鮮やかに導かれている印象です。


敵という敵がいません。

というか死ぬということがありません。


オンライン環境であればマルチプレイが楽しめます。

私は初見の人には必ずオンラインプレイをお奨めしています。

私自身がクリア時にオンラインにしておいてよかったと心底思ったからです。

おそらくオフラインでやっていたら感動が半減なんてものじゃないと個人的には思っています。

普段はオンラインとか気をつかっちゃったり面倒に感じることもあるのでソロプレイ大好きな私ですが、これに関しては絶対オンラインで!

何週もクリアしてますが必ずオンラインでプレイしています。


このゲームは何がすごいってグラフィックや世界観はしっかり作りこまれています。

ただそれ以上に没入感とでもいいますかすんなりと深く入り込めます。

なんで没入感がすごいんだ?と言われても言語化できないんですが、とにかくすごいんです(小並感

プレイするときはケータイOFF、外部遮断、完全に一人の時間、大きめのディスプレイ、ヘッドホンの準備をおすすめします。

プレイしたら基本最後までノンストップだと思いますのでトイレもお忘れなく。


また、プレイする度に新たな旅が待ってるので周回プレイも余裕です。

買ってから1週間以上は1日1回クリアしていましたね。

以上、内容には深く突っ込めない感想でした。

PS3持ってる人はやって後悔はしないゲームだと思います。

発売からかなり経っていますが、まだオンラインで十分に遊べます。つい先日もプレイしてきたばっかりです。

この素晴らしいゲームが一人でも多くの人にプレイされますように。

よさげなトレーラーがあったのでペタリ。

PlayStation 3 チャコール・ブラック 250GB (CECH-4200B)


タグ: , , ,

comments

コメントを入力する





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

category